ゼニカルの効果と副作用は?

ゼニカルの評価

ゼニカルの概要

ゼニカルは食事に含まれる油分の吸収を阻害する薬です。
つまり、焼き肉とか串カツとか、脂っこいものを食べたら、その脂が体内に吸収されず、そのまま排泄されます。

 

なんだか恐ろしい薬のように思えますが、欧米では認可されている安全性には定評のある薬です。
また、日本では未認可といっても、美容外科では自由診療で処方しているところもあります。
保険適用ではないので安くはありません。
しかし、通販なら美容外科に比べ半額程度で購入できます。

 

ネット上のゼニカルの口コミを集めてみました。

 

●1ヶ月で2kg痩せました。

 

●2ヶ月で6kg痩せました。

 

●効き目は強いがトイレが汚れる。

 

●下着が脂で汚れます

 

●パンツにシミが付く

 

●生理用ナプキンが必須

 

●カーボブロッカーと併用しています

 

●肌荒れします。

 

<コメント>
効果については感じている人が多いです。一方で、副作用を感じる人は少ないです。
しかし、トイレやパンツが汚れるなど、生活上の不便を感じる人が大半です。
また、ゼニカルを使用するとビタミンAなどが不足して肌荒れすることがあります。なのでサプリなどで補うとよいでしょう。
なお、ゼニカルは油分吸収阻害ですが、同様に炭水化物吸収阻害効果のあるカーボブロッカーを併用する人も多いです。

 

メリット

●肥満の原因が油分のとりすぎならば効果大

 

デメリット

●生活上の不便が出てくる
●ビタミンが不足する

 

 

ゼニカルを使ってダイエットをやってみた(30代/男性)

私がダイエットのために使ってみたのがゼニカルでした。ではどうしてゼニカルを使ってダイエットをしようと思ったのかというとそれはゼニカルは普通に病院でダイエット治療で処方される物だと聞いたからでした。

 

それならこれを使っていればかなりダイエットに良い効果が期待できると思った次第です。

 

実際に服用してみて、摂取した脂肪分が体外に排出されるのは分かりました。

 

というのも、実際にトイレで脂肪が出ているのが目に見えたからです。なのでゼニカルを使えば脂肪分が多い食事をしても体外にしっかり排出してくれるという点は本当だと確信できました。

 

しかし、疑問に思ったのは、ゼニカルを飲んでいても炭水化物を普通に食べていたら炭水化物は普通に吸収されるのでゼニカルを飲んでも痩せないじゃないか?ということです。

 

なのでゼニカルを飲んで痩せようと思った時は炭水化物の摂取量も調整しないといけないと思いました。

 

ゼニカルを飲んでいればそれで痩せれるほど甘くはないと思いました。ただこれを飲んで炭水化物の摂取を抑えたら体重が3か月で6sほど落ちました。

 

一方、特に副作用があったという感じはなかったです。

 

なので安心してゼニカルを使ってダイエットができるとと思いました。特にこれまで脂肪分が多い食事をしていたという人はこれを使ってダイエットをやる意味はかなりあると思います。